憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

投稿日:

生理用ナプキン、タンポン、月経カップに引き続き、今注目されているのが吸収型ショーツ。長時間の会議や移動でも取り換える手間がない、ゴミが出ないからSDGsの取り組みにもなるなど絶賛される一方、本当に漏れない?ニオイは?と言う不安な声も聞かれます。実際のところどうなのか見ていきましょう!

時代とともに変わりゆく生理用アイテム

タブー視されることが減ってきた

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ken Koyama(@koyapu)がシェアした投稿


自然現象とは言え、女性にとって心身ともにツライのが「生理」大事なイベントや仕事などが生理と重なってしまうと、それだけで憂鬱です。「生理ちゃん」という漫画がSNSで話題となり、二階堂ふみさん主演で実写映画化されるなど、時代の変化とともに以前より生理がタブー視されることは減りました。そして、生理期間をもっと前向きに快適に過ごしたいと考える女性が増えたと思います。

画期的な吸収型ショーツの登場

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:photo-ac.com

昔に比べて通気性やガード性など高機能な生理用のナプキンが増えました。パッケージが可愛いタンポンや、肌触りの良い布ナプキン、そして第3の生理用品と言われる「月経カップ」の利用者も日本で増えているようです。さらには、ナプキン不要で直接ショーツが吸収してくれる、画期的な吸収型ショーツも登場しました。2000年代初頭からヨーロッパやアメリカを中心に広がり、ようやく最近日本でもメジャーになりつつあります。「えっショーツが吸収?漏れないの?」「1日履き続けるなんて清潔感は?」気になっている方も多いのではないでしょうか?

超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」とは?

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:withbe-a.com

超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」は、「生理中であることを忘れるくらいの快適さ」を目指しています。そのため開発の段階で 「御社の求められるこだわりが強過ぎて、製品化するのは不可能に近い思う」と言われてしまうこともあったそう。しかし話し合いを重ね、希望を全て形にしてくれたのが、ベビー用肌着からシニア向け尿漏れ下着まで国内屈指の素晴しい技術を持った工場とのこと。さすがものづくり大国・日本ですね!

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:withbe-a.com

見た目はお腹まですっぽり包む黒のボクサー型パンツです。5層のテクノロジー構造となっており、約120ml(生理2日目の平均経血量30~50mlの約3倍)もの液体をしっかり吸収。表面は液体を瞬間的に吸収してサラサラに保ちます。抗菌・防臭加工もされており、不快な蒸れやニオイ対策も。ちなみにお腹の部分は温かくなる生地を使っているそう。伸びもよく身体にフィット。気になる洗濯ですが、水で3~4回もみ洗いし、ネットに入れて洗濯機でOK。繰り返し使えます。

先日、「Bé-A《ベア》」のPR担当者と美容家の神崎恵さんがインスタライブでショーツの説明をしており、非常にわかりやすかったです。「液体じゃなく塊は吸収する?」「ショーツが重くならない?」などの疑問も解決していました。


メリットとデメリット

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:photo-ac.com

メリットは「長い会議や移動でも取り換え不要」「夜寝る時に安心」「蒸れやニオイが気にならない」「SDGs時代にぴったり」など。一方で、「表面がサラサラに保たれるとは言えトイレで1回脱いでまた履くのに抵抗がある」「ナプキン無しだなんて不安」「お値段が高め」などマイナス感情を拭い切れない気持ちもとてもよくわかります。インスタライブで神崎恵さんが、新しいものを生活に取り入れて慣れるまで時間がかかるものなので、まずは生理の始めや終わりなど量が少ない時からスタートするのが良いのでは、と言うようなことをおっしゃっていました。様子を見ながらナプキンなどと併用していくのがストレスがなくて良いかもしれませんね。個人的には蒸れが気になる時って、取り換える回数が減りがちな量が少ない時期だったりします。多い時は心配だから頻繁にトイレに行きますよね。間隔が空きがちな時に「Bé-A《ベア》」を着用していると不快感が違うのかな?と想像しました。

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:withbe-a.com

2月5日からはジュニアライン「Bé-A Petite 《ベア ペティート》」が新発売となりました。幼いうちはまだ周期も不安定だし、学校でナプキンを取り替えるのが恥ずかしいなど、子供なりの悩みがありましたよね。自分が学生の頃に「Bé-A《ベア》」があれば選択肢として選べたのになと思います。また、神崎恵さんは大人用のS-Mサイズだとやや大きかったそうで(よく伸びてフィットするためジャストサイズが推奨されています)、ジュニアサイズを着用しているとのこと。神崎さんのように細身の方はジュニアサイズでも良いかもしれません。なお、大人用は吸収体のカラーも黒ですが、ジュニア用はあえて量や位置が確認できるグレーにしているそうです。

気になるお値段&プラスアルファの使用法

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:withbe-a.com

超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」の価格は大人用が6900円(税抜)、ジュニア用が6500円(税抜)。素材は同じですがジュニア用の方が少しお安いですね。公式のオンラインショップで購入できます。ショーツ1枚の価格としては高いと感じるかもしれませんが、何年も使えるし、ショーツを着用することでナプキンやタンポンの消費量も減るし、何より憂鬱な気持ちが軽減されると思えばむしろお安い気もします。また、更年期の不正出血や軽い尿もれにも使えるとのこと。もう生理は卒業かなと思っている女性でも、これは1枚持っておいて安心かもしれませんね。またインスタライブでは、「防災バッグに1枚入れておいてもいいかも」との声も聞かれました。確かに!

憂鬱な日を快適な日に変える超吸収型ショーツ「Bé-A《ベア》」

出典:withbe-a.com

一生のうち約7年程度も生理を経験することになる女性。痛みや量、PMSも個人差があり、同じ女性同士でも共有できないツラさがあります。なぜ女性だけがこのような煩わしさと戦わなくてはならないの?ピルや生理用品が保険適用外なのはおかしいのでは?といった議論も、最近はSNSなどでよく交わされています。それぞれのライフスタイルによって着用の向き不向きはあるとは思いますが、1つ文明の利器を手にする選択肢が増えたことは嬉しいですね。全女性が「生理中であることを忘れるくらいの快適さ」を手に入れる時代が来るといいなと願っています。



話題のコンテンツはコチラ

Copyright© Life Channel , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.