【自毛植毛】薄毛対策の新定番アイランドタワークリニックで確実に髪を生やす!?

更新日:

出典:photo-ac.com

なんだか最近…。ちょっと薄くなった??と思い悩んでいる方。

副作用のある薬を使用しなくても確実に毛が生える方法『自毛植毛』という治療法をご紹介したいと思います!

薄毛大国な日本( ;∀;)

ある調査の結果、20代~50代の約2.3人に1人が、薄毛に悩んでいるんです!

出典:prtimes.jp

33,500名に「過去薄毛に悩んだ経験はありますか」と質問したところ、『はい43.2%)』、『いいえ(56.8%)』という回答が集まり、およそ2.3人に1人が薄毛に悩んだ経験があるという結果に。また、年齢が低いほどAGAの発症率は低いですが、20代でも6%の人がハゲているというデータも出ています。6%というと日本の20代の男性はおよそ630万人いるので、大体38万人近くが若ハゲに悩まされていることになります。

期待度No1『自毛植毛』

一般男女34,500人を対象に、『知っている薄毛対策』をきいたところ、

1位:育毛剤(医薬部外品)73%
2位:かつら71.6%
3位:増毛71.5%

続き、自毛植毛は41%(9位)で最も認知度が低いという数値が出ています。

出典:prtimes.jp

加えて、回答者に「日本皮膚科学会の男性型脱毛症(AGA)診療ガイドライン【2010年度版】で推奨度Aランク、Bランクに該当する

①ミノキシジル
②フィステナリド
③自毛植毛

の3つの対策法を説明し、それぞれ薄毛治療としての効果がどの程度期待できそうだと思いますか? と質問したところ、薄毛対策として最も認知度が低かった『自毛植毛』が、最も期待できそうな薄毛対策1位にランクイン!

自毛植毛とは?

出典:photo-ac.com

AGA(男性型脱毛症)は、進行型の脱毛症。長期間に放置してしまうと、毛母細胞が死んでしまうため、治療薬だけでは再生できないんです。
自毛植毛は、AGA(男性型脱毛症)の影響を受けにくい後頭部や側頭部の毛髪を、頭部の気になる薄毛部分に移植する施術。移植された毛髪はAGAの影響を受けずに生え続けます。一般的な人工毛による植毛は、合成繊維のため自分の組織として生着することはありません。それに比べ自毛植毛は自分自身の毛髪を使うため、移植後の拒絶反応がないんです。

メリットは?

出典:photo-ac.com

拒絶反応が起こりにくい

自毛植毛は、自分の毛を使用します。

そのため、人工植毛のように体が拒絶反応を起こすことが無いと言われています。また、最新の治療では定着率も高く、施術時間も短いので薄毛の悩みが短期間に解決できます。


 AGAの影響を受けにくい

AGAは、男性ホルモンの影響で起り、本来のヘアサイクルが乱れることで毛が抜けてしまいます。

その要因になっている酵素が生え際、つむじ付近には多く存在しますが、後頭部や側頭部はその酵素も影響をうけにくいと言われています。『後頭部や側頭部から薄毛になった』という話を聞いたことがないのはそうゆうことだったんですね。その部分の組織を移植することで、移植跡はAGAの影響をうけにくいと言われています。

毛根が無くなった部位にも

薄毛もそうですが、外傷などで毛根がなくなった場合でも、移植治療が可能です。

ナチュラルな仕上り

移植後、定着すれば他の部分の毛と同じようにちゃんと成長します。浮いてしまったりすることも少なく、かなり自然な仕上りとなります。

有用性が認められている

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)」という日本皮膚科学会が定めたガイドラインでは、自毛植毛はBランクとされており、有用性が認められた方法なんです。Bランクは、5段階で上から2番目の推奨度です。

デメリットは?

出典:photo-ac.com

AGAの完全に避けられるわけではない

自信の毛を使用するため、移植できる面積には限度があり、広範囲の場合すべてに対応するのが難しいです。また、植毛した後も植毛した箇所以外はそのままですので、その部分が進行してしまうという可能性があります。

定着率は100%ではない

今の技術だと、高確率で定着するとは言われていますが、100%ではないので、何らかの要因で定着せず抜け落ちてしまう可能性もゼロではありません。


合併症のリスク

自毛植毛は手術のため、合併症のリスクがあることも理解する必要があります。

保険適用外

薄毛治療の多くがそうですが、自毛植毛も自由診療のため、保険適用外となります。施術するクリニックによって価格が変わる場合も多いので、しっかりと確認をしてから施術することをオススメします。

傷跡が残る場合も

施術方法にもよりますが。メス使用して切開するタイプの自毛植毛の場合は、縫合後が残る場合があります。現在ではメスを使用せず、ドナー毛根を毛穴単位で採取する方法が、広く採用されているため、大きく傷跡が目立つリスクは低くなりつつあります。


相談するなら実績で選ぶべき!

出典:ilandtower-cl.com

自毛植毛は、あくまで手術となります。そのため、しっかりとした実績で選ぶことが大切なんです。

オススメなのは、国内植毛シェア4年連続50%以上の『アイランドタワークリニック』

東京・名古屋・大阪・福岡に展開しており、自毛植毛の専門クリニックとして15年の経験と累計症例25,000症例以上の実績をもつ、国内最大手の自毛植毛クリニックなんです。

ダメージを最小限にした「i-Direct」

出典:ilandtower-cl.com

自毛植毛「i-Direct」は生着率が95%以上と、他の薄毛治療にはない治療法。

  • 細部まで自然なデザイン性の高さ
  • 95%以上の生着率
  • 施術痕が目立たない
  • 施術は1日で完了

数多くの症例を経験した医師が自然な仕上がりとなるデザインを綿密にプランニング。植毛に精通した熟練の医療チームによるスピーディな施術で、患者様の体への負担と髪の毛へのダメージを最小限に抑えることに成功!

まずは無料カウンセリング

出典:photo-ac.com

自毛植毛は、もちろん安くはない治療法です。ただ今悩んでいる薄毛を早く解決してくれる方法であることは間違いないので、気になる方はまずは無料カウンセリングをオススメします('ω')

 

話題のコンテンツはコチラ

話題のニュースはコチラ

-Health
-, , , , , , ,

Copyright© Life Channel , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.